予算に合った婚約指輪選び|サイズに合ったRING

品格が宿るジュエリー

結婚

省略ブーム

その昔、婚約指輪は給料の三ヶ月分とも言われ、結婚のプロセスにおいては欠かせないものでした。しかし、最近の地味婚やナシ婚ブームにより、結婚に至る儀式が重要視されなくなりました。結果として、婚約指輪も省略されることが増えたのです。今でもまだ、プロポーズは男性から女性にするものという考えが根付いています。何となく結婚に至ったというカップルも増えましたが、それでも結婚しようという意思確認は、男性側から行われることが多いようです。婚約指輪の有無についても、男性が主導という姿勢が根強くあります。ナシ婚のため婚約指輪は省略したという男性や、彼女から欲しいと言わなかったので渡さなかったという男性が、多数派を占めると言われます。

本物の質

しかし、結婚すると思いのほか、婚約指輪があれば良かったというシチュエーションが増えます。例えば、友人以外の結婚式に参列する機会です。夫の会社の上司や、夫側の親戚と会う機会とも言え、恥ずかしくないマナーが問われる場面です。独身時代の結婚式の参列は、係わるのは大概自分の友人知人や親戚です。白以外の衣装であれば、質は重視されませんでした。ジュエリーも華やかさ優先で、間に合わせで安いものを買った人も多いことでしょう。しかし既婚者ともなると、華やかさよりも本物の質が評判を左右します。安っぽい服装はマナー違反とも言えるのです。このような時、婚約指輪があると重宝します。婚約指輪は、本物のジュエリーです。本物のジュエリーには品格が宿り、雰囲気をグレードアップしてくれます。結婚指輪だけではない、もう一つの本物のジュエリーとして華を添えてくれるでしょう。既婚者の服装としてふさわしく、きちんとした人という印象を与えることができます。