予算に合った婚約指輪選び|サイズに合ったRING

将来を約束する指輪

結婚

式にも使用する

婚約指輪を購入する場合、気になるのが価格帯の問題です。先々結婚を考えているなら結婚指輪を購入する事になりますので、その兼ね合いも考えて価格帯を決めましょう。一般的に世間の相場を調べた場合、結婚指輪よりも婚約指輪にお金をかける男女が多いのが特徴的です。結婚指輪を贈る時期は挙式費用も必要になるなど様々な問題が考えられますが、先々後悔しないように一般的な相場に則って購入する婚約指輪を選択すると良いでしょう。また婚約指輪を購入する場合は結婚指輪と重ねづけしやすいデザインのものを選択する事が先々のために大切です。他にも結婚式当日、婚約指輪は右手の薬指にはめる事になりますので、ウエディングドレスに似合う一品を選んでみましょう。

指輪のルール

婚約指輪は男性から将来結婚を考えている女性にプレゼントする指輪です。正式には結婚指輪と同じように左手の薬指につけるものであり、挙式後は結婚指輪と重ねづけする事になるのです。基本的にはこうした決まりがありますが、明確なルールではありませんので薬指以外の指に婚約指輪をはめる女性も存在しています。婚約指輪を贈る機会は結納にあわせてプレゼントする男性もおられますし、二人が決めた時期に購入する場合もあります。交際期間が短ければ贈ってはいけないと言うルールはありませんので、将来に対する二人の気持ちが決まった時点で買うと良いでしょう。婚約指輪は結婚に先駆けて贈られる大切なアイテムであり、男性の誠意の象徴です。交際期間が短い場合女性に男性の本気を伝えられますし、逆に長い場合は女性を安心させる事ができるでしょう。