予算に合った婚約指輪選び|サイズに合ったRING

品格が宿るジュエリー

結婚

地味婚やナシ婚ブームにより、婚約指輪が省略されることが増えました。しかし結婚すると、思いのほか婚約指輪を重宝する場面が増えます。婚約指輪は本物のジュエリーです。友人以外の結婚式などで、結婚指輪に加えてもう一つ本物のジュエリーがあるだけで、品格が宿ります。既婚者の服装としてふさわしいでしょう。

もっと見る

一生の宝物を

リング

婚約指輪は価格にだけにこだわるのではなく、デザインにこだわってみましょう。オリジナルの指輪を制作する会社も増えており、シンプルなデザインですと案外価格も優しい設定になっています。世界に1つだけしかない愛をカタチにしましょう。

もっと見る

将来を約束する指輪

結婚

婚約指輪の相場は結婚指輪よりも高価なのが一般的です。購入する際は後悔しないように、相場に則ったものを選んでみましょう。婚約指輪はどのくらいの交際期間であったとしても男性から女性にプレゼントする事ができる指輪です。将来を約束したいと思った場合贈りましょう。

もっと見る

大切な指輪の選び方

ハート

知っておくべき4C

結婚するにあたって欠かせない重要なイベントが、婚約指輪選びです。一昔前までは、婚約指輪は男性が買っておいて、プロポーズのとき渡すというのが定番でしたが、最近ではプロポーズのあとに二人で買いに行く、というのが一般的になってきました。婚約指輪を選ぶにあたって、重要なのがダイヤモンドの「4C」についてです。4Cとは、カラット、クラリティ、カラー、カット、という4つのCから始まる単語の略で、ダイヤモンドの価値を決める重要な基準です。カラットは重さや大きさ、クラリティは透明度、カラーは色味、カットは研磨状態を表します。4つの基準が最高のものであればあるほど、ダイヤの価値は高く値段も高くなっていきます。二人の予算との兼ね合いを考え、どのCを重点に置くかによって、効果的に婚約指輪を選定することが出来ます。

本当に気に入ったものを

婚約指輪を選ぶにあたって、4Cの他に重要なポイントはデザインです。一昔前までは、普通のリングで中央に一つダイヤがある、というデザインが一般的でしたが、最近ではダイヤが3つついているものや、リングが曲線を描いているものなど、様々なデザインが作られるようになってきました。婚約指輪は、身に着けるのは長い人生のうち一瞬です。そのため、スタンダードタイプにこだわらず、自分の好きなデザインを選ぶということが重要なポイントと言えます。本当に気に入ったものを身に着けることで、結婚への意欲も増し、幸せな気分も高まります。4Cの基準と二人の予算、気に入ったデザインを天秤にかけ、二人で相談しながら自分にぴったりの婚約指輪を選びましょう。